スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言をできる能力

前にも同じような記事を書きましたが、遺言は、認知症や交通事故などが原因で意識がなくなっているような人が作成することはできないので、注意が必要です。危篤状態であっても、意識さえはっきりされていれば、危急時遺言という形式を採れば、遺言書を作成することは可能ですが、意識がなくなっているような方とか、意味不明の言動しかできない状態になられているような方は、遺言書を作成することができません。

日本では、高齢化社会の到来に伴って認知症の方が増加したためか、遺言書をめぐる法的な争いは、この遺言能力をめぐるものがかなりの比率を占めるようになっています。

よく誤解されている方がおられますが、認知症であれば、遺言書は作成できないということでもありません。認知症にも症状や進行度に違いがありますから、軽度の認知症であれば、遺言者は作成可能です。但し、複雑な内容の遺言は、認知症の方が作成することは難しいということになりますが、逆に言えば、簡単な内容の遺言書は、認知症の方でも有効に作成できるという判断が導かれやすいということは言えます。

いずれにしても、遺言が可能な状態かどうかは、経験のある弁護士に相談の上、実際に面談してご本人とお話する機会を持ってもらった上で判断してもらう必要があります。

なお、遺言の能力があるかどうかが問題となることが予想される事案では、単に遺言書を作成してもらうだけでなく、証拠を補強しておく必要があります。その点にまで目が行き届いているかということが、弁護士を見極めるツボということになるように思います。


弁護士 白 浜 徹 朗
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

白浜法律事務所

Author:白浜法律事務所
京都に法律事務所を構える弁護士法人白浜法律事務所です。
遺言に関する経験に基づく豆知識など公開していきたいと思います。

なお、特設サイトで遺言相談のご案内もさせていただいております。

遺言・相続あんしん相談室

最新記事
免責事項
このブログに記載した記事は、当事務所の弁護士やその職員が、遺言に係る事件に接したときの経験などに基づく個人的な所見や感想です。
法律をめぐる紛争は、個別の事情によって大きく結論が変わることがありますので、あくまでも参考としてご利用ください。

特に、紛争などが生じている場合には、素人判断で動くことなく、必ず弁護士に相談するようにしてください。
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。